称私人公司与老公无关| 女演员傅艺伟疑涉毒被带走| 新片剧照首曝光| 曝先导概念片| 汤晓菲| 京都铁塔下甜蜜合影(图)| 素面无人识(图)| 将重新审理| 小S孕后亮相承认再获千金| 朱莉1.3亿卖隐私披露抢皮特内幕| 周星驰匆忙现身| 转景拍摄| 成龙忆旧事| 拐点| 农民工| Lucas和弟弟抢玩具| 最令人担忧的新老交锋| 冯小刚再发金句| 舞后| 刘涛现场撒娇| 陆续开播(图)| 封面全裸露点| 否认与黄晓明撞脸(图)| 辞职央视| 汤镇业安慰| 这辈子都不想见到那个女人| 二人转如同芭蕾舞| 《尖峰时刻》| 台湾开拍| COS美少女战士!网友惊叹| 单亲妈妈领衔| 纠结单恋| 糯米的好基友欢迎你| | 刘涛否认自曝家丑搏宣传| Ratpac| 与杰西-艾森伯格合作| 现场亲吻秀恩爱| 瑛子领衔| 入手420万豪车(图)|
关闭

关闭

关闭

封号提示

内容

首页 关于江户川柳中比喻手法运用之研究--毕业论文

曝郭晶晶二胎怀女成人生赢家 儿女双全明星盘点

关于江户川柳中比喻手法运用之研究--毕业论文

青葱俊可人 2018-10-23 评分 0 浏览量 0 0 0 0 暂无简介 简介 举报
结合工业建筑历史,在保护的前提下积极向博物馆、图书馆等公益性项目转化,打造集“收藏、研究、展示、教育、宣传”等功能于一体兼容性博物馆,利用宾馆、餐厅、写字楼等作博物馆,创新博物馆运行模式,创造博物馆型旅游产品。

简介:本文档为《关于江户川柳中比喻手法运用之研究--毕业论文doc》,可适用于高等教育领域,主题内容包含关于江户川柳中比喻手法运用之研究毕业论文摘要对一个民族来说,民间文学艺术是珍贵的历史文化遗产,是维系民族存在发展的动力和源泉。日本的川柳正是这样一种符等。

关于江户川柳中比喻手法运用之研究毕业论文摘要对一个民族来说,民间文学艺术是珍贵的历史文化遗产,是维系民族存在发展的动力和源泉。日本的川柳正是这样一种“庶民文艺”。川柳是一种五七五定型短诗,风格创始于江户时期,以风俗人情、社会现象为描写对象,尖锐地讽刺社会阴暗面,挖苦人世间的不文明、不道德现象。川柳贴近民众,深入生活,在日本文学领域占有一席之地,为研究日本社会提供了宝贵的资料。自十八世纪中期兴起以来,川柳一直为广大日本人民喜爱,如今,从高中生到职员、家庭主妇,大众对川柳创作抱有浓厚兴趣,在日本的各大报刊杂志上,都能看到专门为普通市民开设的投稿专栏。川柳以“洞察人世百态,观察视角独特,表现方式幽默,讽刺犀利深刻”为特点,在日本文学中自有独到的艺术特色。比喻修辞方法的灵活运用,是川柳的一个显著特点。比喻修辞表现无论在质还是量上,都远远超出俳句中比喻表现的运用,我认为这正是支持川柳顽强生命力的一个要素。本文试图探求江户川柳中比喻修辞方法运用对表现川柳“三要素”的必要性,以及川柳中使用比喻修辞方法的必然性,一窥川柳长盛不衰的魅力所在。比喻是用其他事、物表现对象事、物,这种选择用词的意外性,以及对读者想象力的刺激,是川柳艺术效果实现上不可或缺的表现手法。特别是在江户川柳(即古代川柳)中,利用比喻的修辞方法巧妙讽喻当时社会、挖苦世间丑态的佳句更令人叫绝,至今仍然为日本的广大读者所喜爱,相关的研究作品集、介绍句集不断出版。川柳兴起于江户时代,并取得了繁荣发展,到了江户末年,川柳的大多数作品以低俗的笑话、语言游戏为主要表达方式,又被称为“狂句”,直至明治时期阪井久良伎和井上剑花坊开展“川柳革新”运动江户川柳,才中止了狂句时代,开启川柳近代化道路。而其后的川柳就与江户川柳大不相同了。因此,本文选择比喻表现更集中的江户川柳为对象,通过对川柳诗句的分析,探讨比喻修辞方法在川柳中不可或缺的作用。通过对江户川柳中比喻修辞手法运用的考察,按明喻、暗喻、借喻和讽喻等比喻修辞项目分类,发现川柳中的比喻修辞方法有以下特点:明喻和隐喻在江户川柳中多用于描绘庶民日常生活中某一事物,以比喻构思的奇特性来咏叹生活情趣,另外,直接引用明喻、暗喻内容的口语,也是川柳中比喻修辞的一个显著特点江户川柳中的借喻多用来表现生活场面,反映人生百态,场景性非常强,特别是意料之外的喻体的提出,使川柳表现生动形象,幽默风趣,也是体现作者独到匠心的点睛之笔讽喻是江户川柳中经常使用的比喻修辞手法,借古讽今揭露社会,挖苦世俗,正体现川柳“讽刺犀利深刻”的特点。另外,江户川柳中比喻修辞方法的使用,对川柳“三要素(うがち、おかしみ、み)”的实现也起到必不可少的作用。对“うがち洞察”“おかしみ(幽默)”来说,川柳作者可以通过比喻的使用,以喻体的形式间接提出或表现对象,利用语言环境上的不协调性,和表达上的夸张性,刺激读者想象力。通过川柳句子推测其表现对象的过程,正是读者“启动”智慧的过程,也可以说是对作者创作过程的一个逆向思维,我认为这才是川柳趣味性所在,才是读者喜爱川柳的原因。借喻、讽喻等比喻方法中,表现对象可以不出现,这对“み(精炼)”的实现起到很大作用,节省笔墨,给读者留下更大思考的乐趣。江户川柳使用比喻的必然性体现在以下几个方面。首先,从历史角度考虑,当时日本正处在幕府的封建统治下,言论统制十分严酷,文艺作品的出版也受到严格的控制,即使是武士和贵族也没有自由评论社会的权利,因此,采取一种委婉暗示的修辞方式,特别是对于讽刺社会时事的川柳来说十分必要。其次,川柳兴起的江户中期,身为“町人”的商人势力逐渐强大,开始成为社会权力阶层,符合他们审美观念的文艺样式应运而生,川柳就是其中一种,一些川柳句中难免出现一些为当时注重“朱子礼教”的封建社会所否定的内容,因而采取比喻修辞方式委婉掩饰,既符合町人、庶民阶层的趣味,又无伤大雅。再次,川柳“显性文艺”(「あらわす文芸」)的独特性格也要求比喻修辞方法的使用。“显性”是相对于俳句的“隐性”而言,川柳与俳谐(俳句)同样源于连歌,俳谐经过不同时期诸家风格的逐渐演变,最终以松尾芭蕉“蕉风”的形成,作为俳谐艺术化的标志而川柳则由杂俳发展成为一种以悬赏为征集佳句手段,广大平民皆可参与的“庶民文艺”。川柳以洞察世间事物的目光,从独特角度看待问题,重视如何以犀利的手法表现作者的“着眼点”,让读者读罢点头称是。这就是所谓的“显性文艺”。可以说,各种修辞方法使用上的出人意料之处,更是读者所期待的。比喻修辞方法在表达上的生动性,结构上的意外性,语言上的冲突性,是川柳准确表意,同时令人忍俊不禁的“独门武器”。读懂了比喻的委婉暗示之意,也就捕捉到川柳的「うがち」。这可以说是比喻表现的隐蔽性。众所周知,相互矛盾的双方共存一处,反而更有魅力。比喻表现的隐蔽性与川柳自身的表现性,作为性质相反的双方共存于川柳这种十七字短诗中,正可称作川柳最大的特点,也是川柳至今仍受广大群众喜爱的原因。目前中国日本文学研究界对川柳的研究尚停留在介绍与翻译的阶段,并未系统地从文艺角度分析川柳,以及研究川柳与日本社会的关系。本文着重考察江户川柳中比喻表现的运用,通过分析大量的作品,归纳江户川柳中比喻表现的特点及作用,提出江户川柳比喻表现运用上的意外性,以及对读者想象力的刺激作用并进一步从社会背景,文化背景分析江户川柳中使用比喻的必然性。全文通过对实例的考察,以实证分析的方式研究,论述比喻表现的运用在川柳三要素中不可或缺的作用。本文结构如下:第一章是序论部分,概述本文的研究背景及研究对象,目的等在第二章中,分析江户川柳的具体例子,根据比喻修辞方法的不同种类将例句分类,探讨各种比喻表现方法的使用目的以及表现作用,归纳川柳中比喻修辞方法的表现作用第三章从川柳的“三要素”观点着眼,针对前一章对川柳中比喻修辞方法运用的考察结果,展开讨论。第四章着重探讨川柳中比喻修辞方法运用的原因以及必然性,从社会、文化、川柳自身特点及方面分析。第五章是结论部分,并提出今后可以继续深入研究的课题。要旨民族にとって、庶民文芸は重な史文化で、民族の展を持する原力である。日本の川柳は、十八世后半の江で起こり江市民の俗人情の微世俗の相政治の腐などをテマに、のリズムで巧みにみんだ、まさに庶民文芸であり、在もなお、新やに、高校生サラリマン家庭主などの投句がられるように、一般市民にくしまれている川柳の特色は「人情の穿ち」による「笑い」といわれるが、私は、それを表するための文芸的特のひとつである『比法の使用』こそが、川柳がきに渡ってしまれてきた理由なのではないかと思うのである。そこで本稿では、川柳の三要素(特)といえる「穿ち(皮肉)」「おかしみ」「(文体言びなどによる)み」が、『比法』を用いてどのように表され、そしてそれがなぜ用いられたのか、その必然性を探って行きたい。川柳の起こりは、江代の半ばだといわれるが、江末期から明治にかけては、洒落や低俗な笑い、言びに始する“狂句”が表れ、それ以前の川柳とは大きく区される。者は、“狂句”がれる前の“江川柳”を川柳の真と格を保つものと考え、その“江川柳(下川柳とする)”を材にする。先ず、『比法』の方法としてあげる(明、、、)が、川柳の中でどのように用いられているかについて、その特を分析する。、明とによって、庶民の生活にある具体的な事物をんだものが多い。口を直接に引用するのも特である。、によって、庶民の生活のひとコマや人情の微を抽象的にんだものが多い。特に、意外なたとえるので者を喜ばすのも特である。、によって、当の社会事象をするために、他の史上の事件、物にたとえてまれたものが多い。川柳がもっとも得意とするところである。次に、川柳の三要素である「穿ち」「可笑しみ」「み」が、『比法』によってどのように表されているかについてする。川柳にる『比法』は、「穿った」方でした他の事物事象にする言形式を提示し、その言的境との和感や、それがれることの文上の意外性などで、者の想像力を刺激する。み手は表象と提示された他の事物事象の共通点を推することによって、作者の意を理解する。この知的にいて推する程は、作者の作程とちょうど逆で、川柳者が「おかしみ」しんでいることである。川柳の面白さがそこにある。また、直接、象を言い表さなくてもいいという点に「み」が表される。つまり、十七字に思いを凝し、短いから言えないのではなく、短いからこそできる余白の果といってもよい。次に、川柳における『比法』を使用する必然性について考察を加える。まず、代背景的にると、当の日本は、まだめ付けがしく、幕府にたてついたり、揶揄したりすると、自分の首が危ない代である。相当の身分の武士、商人、地主であったとしても、直接的に世をく批判する言の自由などなかった。故に、婉曲、暗示的に社会刺するには、比が必要であったのである。次に、文化背景的にると、町人である商人の力がくなり始め、お金を持っている者が一番い代にわってきていた。文学はしだいに余技的趣味的となって、分かりやすさは大文化につながった。川柳もその一つである。庶民文化ゆえに低俗な面がある川柳は、幕府の文治政策の柱、儒教の朱子学に相した。故に、露骨ではなく、比を用いて含みを持たせた婉曲な言い方で者の「笑い」をう必然性があったのである。更に、川柳が本的に「表す文芸」であったこともまた、比法使用の必然性につながったといえる。(この「表す文芸」としての川柳は、俳句の「す文芸」に比される概念である。)つまり、川柳は、より俳的的要素を求めて庶民のに流行した庶民文芸であり、世相や人情や俗を、庶民の利な眼差しで捉え、着眼点をいかに犀利に理し、者をかせるかそれこそが川柳に求められたものであったため、直接的な表よりもむしろ婉曲表としての比が好まれたということもあろう。比表の婉曲、暗示の意をみ解いて、はじめて川柳の「うがち」を捉える。これは、比表の蔽性とは言えるだろう。ご存知ように、にあるものがひとつの固体に共存するとき、それはほかに代えがたい魅力的なものに化するということ。そのような意味においても、川柳という短い式の中に、比表の蔽性と表性という相反する性が共存することこそが、川柳の昀大の特であり、代の人をも惹きつけてやまない魅力となっているのではないだろうか。本稿は、つの章から成される。第章では、本文の研究点および研究象、研究目的について概する。第章では、川柳における比法の特をまとめ述べた上で、それぞれについて特的な句を出し、来の比研究の手法にって分析を加え、各比法を使う目的とその表力について言及したい。第章では、前章で出した句について、主として川柳の「三要素」という点から、『比法』の文的役割をしたい。第章では、川柳における比の生成要因と比法使用の必然性について、その代背景、および文化的背景、川柳の特性の点から考察する。第章では、と今后のである。目次第章序本文の点および研究象川柳における比表についての先行研究成と概要第章江川柳における比法江川柳における明表江川柳における表江川柳における表江川柳における表第章江川柳における比法の表力――「要素」を中心にたとえるで「うがち」の意外性を表する比法で「おかしみ」を表する比法で余白を作る――「み」に成第章川柳における比の生成要因社会的背景の考察江代おける言制商人がくなる代文化的背景――文学の大化江文学の特――庶民文学川柳取材の多性川柳の特性川柳は「あらわす文芸」文学である江川柳第章付参考文献第章序本文の点および研究象民族にとって、庶民文芸は重な史文化で、民族の展を持する原力である。日本の川柳は、十八世后半の江で起こり江市民の俗人情の微世俗の相政治の腐などをテマに、のリズムで巧みにみんだ、まさに庶民文芸である。川柳は、当の社会、および文化、文学、庶民心理等の研究には、多くの素材を提供した。故に、川柳についての研究は必要だと思う。川柳は、本来、俳と平行して、より的な要素を持つ前句付と言う。前句付のにはたらくウイットやユモアをい合うというもので、江代にはこれが一の的な文芸として、庶民のにたいへん流行された。この前句付の前句()を切りして、の一句立て形式にした付句が在言う「川柳」である。江市民の俗人情の微世俗の相政治の腐などをテマに、のリズムで巧みにみんだ、在もなお、新やに、高校生サラリマン家庭主などの投句がられるように、一般市民にくしまれている川柳の特色は「人情のうがち」による「笑い」といわれるが、私は、それを表するための文芸的特のひとつである『比法の使用』こそが、川柳がきに渡ってしまれてきた理由の一つではないかと思うのである。そこで本稿では、『比法』が、川柳の中でどのように用いられているかについて、分をたよりに、その特を分析することにする。そして、それを踏まえて、川柳の三要素といえる「穿ち(皮肉)」「おかしみ」「(文体言前付句:交互にみけていくのが俳(句)であるが、そのうちの一位である句と短句、つまり短歌の上の句()と下の句()に当たる部分だけををき出して、付け合うのが前句付である。付句が独立した内容を持っているものもあった。例えば、新社には「よみうり事川柳」という投句先がある。日する。年月に周年を迎えた、マスコミ柳では老中の老である。初代川柳点『俳柳多留』の特を「うがち」「おかしみ」「み」として「古川柳の三要素」とよんびなどによる)み」が、『比法』の使用でどのように表され、そしてそれはなぜ用いられたのか、その必然性を探って行きたいのである。江代は川柳の起期である。江末期から明治にかけて、洒落や低俗な笑い、言びに始した作品が横行し、川柳は堕落の一途をった。いわゆる狂句百年の代である。明治年()、阪井久良岐によって、新『日本』上に、初めて狂句とはなる川柳が生れて、はじめて狂句一派のき返しを封じ、川柳近代化への道をいた。これ以降の川柳は、江川柳である。川柳の真と格を保つのは、やはり江川柳であると者は考える。ゆえに、その代に限定して川柳における比を研究象と定した。川柳における比についての先行研究日本では、川柳の作り方技法を教える教科の出版は盛んである。しかし、私がべたところでは、川柳の文芸性についての研究はそれほど多いではないようである。特に、比法についての研究も少ないようである。ただ、川柳の技法のひとつとして介される。川柳の史に溯って、田中南都という人がいる。『番』の直法の作家として知られる。昭和年(年)のオイルショックの前后まで、明は客写生の川柳の主流を成していた表法である。彼は、その、人川柳作家である。残念なことに、田中南都氏は川柳における明について、理的系的に整理してないのである。また、『番』の同人である木村半文は、『代表句と川柳の作り方』(弘文社)の中で、「川柳の特文芸としてるところの唯一の比法でおる。柄井川柳や陵可有(ごりょうけんあるべし)がとなえたものではなく、明治の新川柳以后、川柳の特性をそのように把握することが定着した。明治年()月日、阪井久良岐は新《日本》上に、初めて狂句とはなる事的な川柳をした川柳らしきものをした。それから、新川柳の作家による社、川柳の行が盛んになっている。新向川柳、新川柳などのみも始まった。代につながる新川柳の第一声であったことは、大きな意を持っている。日本では一番大きな川柳体。大正年(年)月、西川柳社より川柳『番』の刊はその第一である。である」というを提出したが、技法の面に拘って、掘り下げないのである。中国において、今まで川柳にする研究は、川柳に反映する日本社会に焦点が当てられている。文芸の点から川柳をる文章はほとんどない。年からの中国での日本研究である『日学与研究』『日知』では、川柳についての文章は篇ある。そのほとんどは川柳の基本知および代川柳の中国の文である。しかも、文には在の日本社会、文化、人の考えなどの情を付けて、笑いのポイントをはっきり明しておく。それは川柳に反映する日本世相の移りわりを目的とすると言える。成春有氏は『川柳修辞刍议』(「日学与研究」)の文章の中で、川柳における表技法について、分しながら、例をとって介したが、各技法を位置づけしていない。要するに、私のる限り、江川柳における比表にする系的な研究はあまり大事にされていないのが状である。よって、江川柳を象に、その比表を考察するのが本の旨である。成と概要本稿では、来の研究においてあまり重されてこなかった『比法』が、は川柳においてとても重要な役割を果たしていることを、々な比表を例にとりながら明らかにしていく。その上で、『比法』の川柳における「三要素」への役割をし、さらに、川柳における比表使用の必然性を、その代的背景文化的背景、そして川柳の特性からしていきたい。昀后に、比という表上の蔽性、と川柳の「あらわす」という性格の突性は、まさに川柳の魅力であるというを提出する。本稿は、つの章から成される。第章では、本文の研究点および研究象、研究目的について概する。第章では、川柳における比法の特をまとめ述べた上で、それぞれについて特的な句を出し、来の比研究の手法にって分析を加え、各比法を使う目的とその表力について言及したい。第章では、前章で出した句について、主として川柳の「三要素」という点から、『比法』の文的役割をしたい。第章では、川柳における比の生成要因と比法使用の必然性について、その代背景、および文化的背景、川柳の特性の点から考察する。第章では、と今后のである。第章江川柳における比法川柳の比表が量ともに俳句を倒している。川柳の社「番」の木村半文(大正期に活)は『代表句撰と川柳の作り方』の中で、川柳について以下のようなを提出したことがある。川柳が一大特を生みましたのは、写が普通の俳句のやうに、自然そのものをとりいれて、所ありのままの姿を描き出すよりは、例の皮肉味、ものを穿つてみようとする果、大抵の合は(略)比を用ひるやうになりました。く言へば川柳はの要素から欠けてゐるので、善くいへば川柳の特文芸としてるところの、唯一の比法であるのです。だから、川柳には真に俳句と同じやうな写生はないとてもよろしい。たまにあることはあつても、多くは刺、皮肉を加味したもので、なる写生は少ないものであります。これは『番』のメンバの一人であった、木村半文による川柳にする解からることである。「穿ち」、そして、そこからくる刺や皮肉こそが、川柳の面白さの根源であると言い切っているのである。注目すべきは、比が川柳における重要性をはっきり提出する点である。江代は川柳の起期である。川柳の真と格を保つのは、やはり江川柳と思う。その代における川柳の句をいくつか出し、来の比研究の手法にって、それらの川柳を一言一句について分する。代表的な句を付にする。江川柳における明表明は、英のsimileに相当する法で、比指や共通基によって明示した比表である。たとえるものとたえられるものとをはっきり区しかかげるのがその特と言われる。普通は、「あたかも」とか「さながら」とか「まるで」とか、あるいは「如し」とか「ようだ」とか「みたいだ」とかいった比指――比であることを明する言、が附くとされる。主(トピックス)がある象(たとえる)に似していることを、たとえば、「心は沼のように深い」では、「ように」は比指、「深い」は共通基である。直は、本来は似ていない象に、似性をし、定する能をもつ。したがって、新奇な表にも合する。川柳における明表について探してみよう。生きもののやうにとらへるところてん(柳)水桶(みずおけ)のなかのところてんは、くつかめば崩れてしまうし、手のひらにのせれば、すぐ落ちそうになるし、生きている物のようでつかまえにくいものである、との意味である。この川柳では、比指――「ように」というのが附いている。本来は似ていない「ところてん」(主)が「生き物」(たとえる)に似していることを、似性をする。「生き物」と「ところてん」はストレトにび附かないので、作者は生物の「捕まえる感」をイメジして直接に「ところてん」を「生き物のよう」であると把握してから、それを下に置くのである。者が目の前のところてんをながら、瞬に想できて、自ら得して笑って、川柳という文芸に魅力を感じる。竹の子のようだとあげをおろして居(拾)自分の子供の成を、おどろき、喜びながら、着物のい上げを下ろすお母さんの姿を描いてる。お母さんは子供に、「太郎、竹の子のようだね」といいながら、着物のい上げを下ろしてる。ここでは、主の自分のこどもの名前は省略するのである。比法を使う言が川柳にそのまま出るのは著の特である。有限の十七字のなかで、なしで面を提示して、者に川柳の趣を感じさせる。出典を示す略号で、「柳」は柳多留、「拾」は柳多留拾、「末」は末摘花などであり、「明」「宝」などは、宝、明和、などの年号の略である。江川柳における表は、英のmetaphorに当たる法で、主を、似した、たとえるものに基づいて表する比。直とい、表面上、比であるとわかるような形式をすところに特があるとされる。比指「ようだ」、「みたい」かなどはない。は似性に依しているが、字通りの似性ではない。その似性は、特似性に依する特(眼は湖のようだ)、推に依する(眼は心のだ)、推と同じ造似性に依する造(眼はカメラだ)、概念体系に依する概念(人生は旅だ)がある。川柳における表を考察してみよう。寝て居ても扇のく心(柳)この川柳では、扇本来のくに注目している。乳を寝かせつけながら、家事や育に疲れた母は、ついうとうととしてしまうのである。それでも意のうちに扇の手がくのである。者の感的微笑をう。クラのした今日においても、まだまだ目にすることのできる光景である。母の生を捉えて、「不易」性を得する。上中が下に向かってしていく典型的な川柳造である。上中は生活の面をクロスアップして、比のたとえるとする。そして、下では、主の「心」を提出して、そのの感は者にも感じられる。江川柳における表は、英のmetonymyに当たる法で、ある象を指示するために、それと空的的に接した象で表す用的比。提に非常によく似ている、と言うか、原理はほとんど同じだが、提は全体と部分というにあるのにし、こののほうは主体と属性と言うが中心になる点で区される。ただし、その主体と属性とのとして一括されるもののなかみはかなりいろいろで、想されるものならなくてもいいほどである。は、状や文における接に依しているたとえば、a著な象で空的接象を指す。b著な事象で的随伴事象を指す。たとえば、百はなくなりは残ってる(柳)江代は、娘はもらっていただくという姿なので、持参金や嫁入り道具が必要だったが、持参金百を使い果たした后は、たくもない嫁のだけが残っている。そこでは、「百」は「持参金」のたとえるで、「」は「嫁」を指す。前句の状における接に依し、表象「持参金」と「嫁」は句にはでなくても、意味を十分に者にえる。江庶民の大心理を的に表している。者も、その面を想像できるので、笑わせることであろう。雨やどりはるかむかふはせみの声(柳)この川柳をんで、夏の通り雨の情が目に浮かぶようである。雨の中、あたりの木々の蝉は沈を守っているが、はるかむこうの木々の蝉のき声が雨音(あまおと)のなかからこえてくるのである。「蝉」は夏の季で、これはである。この川柳では、まず「雨のやどり」の面を定して、さらに「蝉」で夏のイメジを起し、「通り雨」と「夏」のはないのにもかかわらず、者がすぐ「これは夏の通り雨だ」と得してうなずく。それこそ、の役割が明らかにする。この意味では、「雨やどりはるかむかふはせみの声」という川柳自体もたとえるで、言い出さない「夏の通り雨」は表象である。切までたで仲人安なり(柳)男女の自由交のなかった江代は、各の合いが行われたが、この川柳の面はでは、芝居もられない娘のらしいもあったが、二人ともに昀后まで席を立たないようならば、成立の配がく感じられるから、仲人も安心だった。「切までた」というのは、二人ともに昀后まで席を立たなくて、合い成功という意味である。それは「b著な事象で的随伴事象を指す」にあって、である。江川柳における表は、英のallegoryに当たる法で、「寓」と呼ばれることもある。これは、本当にえたいことを他の事柄にそっくり移しかえたほうのことばを表に出すことによって、そこから、にある本当のえたい意味を感じ取らせる、というやり方である。つまり、ほのめかすわけだ。当のふくざつにからみ合った社会事象をするために、他の事物や史上の事件、物などにたとえて表する方法である。暗示する表法といってもよく、刺をモットとする川柳がもっとも得意とするところである。江代の川柳でも史上の人物、古事来になぞらえて多くまれている。水が出て元の田沼と成りにけり(柳)洪水のために田が沼になったという字面意味であるが、本当にえたいことは、浜田一郎氏が指摘されたように、幕の利者水野、田沼をんだようである。田沼意次は老中、息子意知は若年寄としてをふるったが、天明年(年)に意知が江城内で刺され、同年には、意次が老中を免されて、<田沼代>はわった。一方、水野忠成は、若年寄、用人、老中と出世し、文政年(年)には、一万石加されて、大田沼意次(たぬまおきつぐ)(~)江代中期の政治家。代将家重の小姓から身をおこし,例の出世をとげて代将家治(いえはる)の用人,さらに老中にみ,子の意知(おきとも)も若年寄になって,父子でをふるった。幕府政を立て直すために的な政策をとったが,十分な成果はあがらず,将家治の没后,老中を解任された。老中(ろうじゅう)は、江幕府で,政いっさいをとりしきる重。万石以下の代大名から~人えらばれ,町奉行勘定奉行大目付などをさしずして政をとった。大老に次ぐ重であるが,大老はのであり,常置のとしては老中が昀高。若年寄(わかどしより)は、江幕府で老中を佐して,旗本御家人のとりしまりと江城中の事をあつかう。代大名の中から~人えらばれ,交替制でその仕事を行った。用人(そばようにん)、江幕府の名。つねに将のそばに仕えて,将の命令を老中につたえ,老中の意を将に取りつぐ任をもつ。将から政治の相を受けることも多く,は大きかった。定名,役高万石以上,待遇は老中にじ,老中と若年寄との中に位した。名になったから、田沼の再来のごとくだった。利者への刺となると、上のごとく暗示的なものにならざるをえなかった。政治で有名な田沼意次始代の川柳をんでみよう。役人の子はにぎにぎをよくえ(柳)「にぎにぎ」は乳のみ子が手をいたり、握ったりする作のことで、「」をもらうことを暗示している。で、本当にえたい「」ということを、「にぎにぎ」という作にそっくり移しかえる。者は、そのにある、作者の本音を感じ取らし笑うのは、のきである。この句の生まれた期も田沼代で、役人のは日常化しており、それを痛烈に穿った作品である。この句は「のよいことのよいこと」の前句から切り放されて、独立句として『俳柳多留』にめられた。前句に付けられたとおり「役得の多い役人の子に生まれた幸をうらやむ」という意味であるとしても、川幕府政下の封建には、都合のいことだったらしく、政改革期の改版本では、これが削除されている。しかし、この句はかえって江代の刺川柳として、いまでも有名である。人は武士なぜ宿にあてがわれ(柳)この句は「花は木人は武士」の言をとったものであるが、宿の札差が武士の金融であったために、入は大幅にり、生活の切りめを余なくされていた武士は、そこに封禄(料)を抵当にいれて、借金を申しみにいくようすをよんだものである。江代の初めのから、川幕府は武士による完全支配の形をとっていたのであるが、江代中期から、町人である商人の力のほうがくなり始めお金を持っている者が一番い代にわっていった。なぜかというと、江代では、武家社会の料体制は石高制度というかたちである。というのは、武家社会はコメを基本にして、すべての生力をコメでり、石高で表示した。大名の力も石高で表され、武士の与もコメで支われた。技改良や新田などがむとともに、作もあってコメはだぶ付き味になり、他の物は上するのにし、コメだけはを下げた。コメで料をもらう武士は、料の目りで生活が苦しくなった。江代中期から、武士たちはまさに苦しい生活をいられていた。この句では、「花は木人は武士」の言で、巧みに武士の困るようすをうがった。以上、江川柳における明、、となどの比表が、川柳の中でどのように用いられているかについて、比表の特をそれぞれ分析する。私が考察した江川柳における各比表の使用比率は下の通り。江川柳における各比表の使用比率明明、明とによって、庶民の生活にある具体的な事物をんだものが多い。口を直接に引用するのも特である。、が昀も使われる比表であるのは明らかにした。によって、庶民の生活のひとコマや人情の微を抽象的にんだものが多い。特に、意外なたとえるので者を喜ばすのも特である。これは江川柳の特「人情のうがち」につながっている。、によって、当の社会事象をするために、他の史上の事件、物にたとえてまれたものが多い。川柳がもっとも得意とするところである。第章江川柳における比法の表力――「三要素」を中心に初代川柳点『俳柳多留』の特を「うがち」「おかしみ」(ユモア)「み」として「古川柳の三要素」とんでおる。これは、柄井川柳や陵可有がとなえたものではなく、明治の新川柳以后、川柳の特性をそのように把握することが定着した。たとえるで「うがち」の意外性を表する江川柳の特色として「人情の穿ち」による「笑い」が指摘されていた。これは川柳の「笑い」の前提である。「穿ち」というのは「着眼点」ということで、では「穿つ」で、本来は『穴』をけることである。表面からはえにくいものや、人が落としているような事柄に目を向けて、それを明るみに取り出してせたり、常的な面を剥ぎ取るなど、すこし意地のいであるが、このものの方が「笑い」をうのは、それが刺や批につながるからである。「世のアナを言う」とか「ウガったことを言う」というのがそれで、特に短いフレズで急所をはずさないのが、川柳の特性である。たとえば、げた例の百はなくなりは残ってる(柳)江代は、娘はもらっていただくという姿なので、持参金や嫁入り道具が必要だったが、持参金百を使い果たした后は、たくもない嫁のだけが残っている。そこでは、「百」は「持参金」のたとえるで、「」は「嫁」を指す。前句の状における接に依し、表象「持参金」と「嫁」は句にはでなくても、意味を十分に者にえる。江庶民の大心理を的に表している。者も、その面を想像できるので、笑わせることであろう。比法は「うがち」を支える昀も重要な技法である。川柳の作者が表象を、直接に指し示す言形式を使わないで、その代わりに、「うがっ」てした他の事物事象にする言形式を提示し、その言的境との和感や、それがれることの文上の意外性などで、者の想像力を刺激する。み手は表象と提示された他の事物事象の共通点を推することによって、作者の意を得する。この推する程はまさに川柳者がしんでいることである。川柳の面白さがそここそにあろう。たとえば、第章でげた例の百はなくなりは残ってる(柳)では、「百」は「必要な持参金」のたとえるで、「」は「嫁」を指す。たとえる「持参金」と「嫁」は句にはでない。でも、者は状に依して、推して、持参金百を使い果たした后は、たくもない嫁のだけが残っているという夫の持ちがよく分かる。また、直接に「持参金百を使い果たした后は、たくもない嫁のだけが残っている」の言い方より、もっと婉曲で、しかも面白い。江代という封建社会における言制があるとしても、川柳には、文芸の名を借りて、社会刺するれた句も数少なくない。特に、という表法で、当のにからみ合った社会事象をするために、他の事物や史上の事件、物などにたとえて表する。たとえば、水が出て元の田沼と成りにけり(柳)では、洪水のために田が沼になったという字面の意味であるが、本当にえたいのは、幕の利者水野は田沼の再来のごとくだったということ。つまり、どの利者でも、封建制はわらないということを刺する。この句をそのまま利者の名前をつけてむなら、者の首が危ないであろう。しかも、川柳の面白さも失ってしまう。表はまさに今まで呼ばれるこの川柳の魅力の所在であろう。比法で「おかしみ」を表する川柳には、じわりといてくる笑い、自然のユモアが望ましいので、洒落、合わせなど、くすぐりにするおかしみとは本来なものなのである。川柳の笑いは果であって、目的ではない。理やりに卑俗な事柄や言で笑わせようとしない。江川柳には、知にいた笑いがあるといってもよい作品がたくさんある。こうると、笑いの果にするために、作者の技法を要する。比法は昀も重要な技法と思う。川柳の作り程は、主に、たとえる象(たとえる)を探すという比の作り程と似ていないかと私が思う。作者は人が落としているような事柄(比のたとえる)を探すことと、者が川柳をんで味わって、(表象)を想することはちょうど可逆の程である。この者の想程はまさに川柳をむしさである。たとえば、第章でげた例の百はなくなりは残ってる(柳)では、表象「持参金」と「嫁」は川柳ではでなくても、者は状に依して、推して、持参金百を使い果たした后は、たくもない嫁のだけが残っているという夫の持ちがよく分かる。比法を使って、「持参金百を使い果たした后は、たくもない嫁のだけが残っている」という直接的な言い方を避けて、もっと婉曲で、「必要な持参金」の代わりに、「百」を使い、「」は「嫁」を指す。者は川柳をんで、「百」と「」の表象をする程をしんでいるではないであろう。たとえば、第章であげた川柳雨やどりはるかむかふはせみの声(柳)では、雨の中、あたりの木々の蝉は沈を守っているが、はるかむこうの木々の蝉のき声が雨音のなかからこえてくるのである。「蝉」は夏の季で、これはである。この川柳では、まず「雨のやどり」の面を定して、さらに「蝉」で夏のイメジを起し、「通り雨」と「夏」のはないのにもかかわらず、者がすぐ「これは夏の通り雨だ」と得してうなずく。それこそ、の役割が明らかにする。この意味では、「雨やどりはるかむかふはせみの声」という川柳自体もたとえるで、言い出さない「夏の通り雨」は表象である。生きもののやうにとらへるところてん(柳)では、水桶のなかのところてんは、くつかめば崩れてしまうし、手のひらにのせれば、すぐ落ちそうになるし、生きている物のようでつかまえにくいものである、との意味である。この川柳では、比指――「ように」という明のが附いている。本来は似ていない「ところてん」(表象)が「生き物」(たとえる)に似していることを、似性をする。「生き物」と「ところてん」はストレトにび附かないので、作者は生物の「捕まえる感」をイメジして直接に「ところてん」を「生き物のよう」であると把握してから、それを下に置くのである。者が目の前のところてんをながら、瞬に想できて、自ら得して笑って、川柳という文芸に魅力を感じる。比法で余白を作る――「み」に成「み」というのも川柳の的な特性のひとつである。内容より形式にかかわる言い方で、さりげなくサラリと言ってのけた句体から、深い奥行きやがりを感じさせることである。ゴタゴタとべ立てて、何もかも言おうとすると、句体が重くなるばかりか、内容的なふくらみもなくなる。比法には、直を除いて、表象は川柳で言い出さなくてもいいということである。これが面を惜しむ川柳には、有利なことである。十七字に思いを凝して、短いから言えないのではなくて、短いからこそ余白の用が生きてくるといってよいでしょう。川柳には、ひとつ言がわからないだけで全然意味がとれないことがある。ということは、ひとつ言がわかるだけで、その言が出てくる川柳が「あ、なるほど!」と膝を打つことにもなる。寝て居ても扇のく心(柳)では、「不易」の母の情を、扇でうたう。普通の文章とって、家事や育に疲れた母は、子供のために意のうちに扇の手がくという一コマを捉えて、者の感的微笑をう。クラのした今日においても、まだまだ目にすることのできる光景である。母の生を捉えて、「不易」性を得する。上中が下に向かってしていく典型的な川柳造である。上中は生活の面をクロスアップして、比のたとえるとする。そして、下では、表象の「心」を提出して、そのの感は者にも感じられる。川柳にる『比法』は、「穿った」方でした他の事物事象にする言形式を提示し、その言的境との和感や、それがれることの文上の意外性などで、者の想像力を刺激する。み手は表象と提示された他の事物事象の共通点を推することによって、作者の意を理解するる。この知にいて推する程は、作者の作程とちょうど逆で、川柳者が「可笑しみ」しんでいることである。川柳の面白さがそこにある。また、直接、象を言い表さなくてもいいという点に「み」が表される。つまり、十七字に思いを凝し、短いから言えないのではなく、短いからこそできる

用户评论(0)

0/200

精彩专题

上传我的资料

每篇奖励 +1积分

资料评分:

意见
反馈

立即扫码关注

爱问共享资料微信公众号

返回
顶部

举报
资料

18年前出演 阿朵主演音乐剧遭意外面部受伤 妮可将搭档 遇记者亲切挥手 林志颖教好友玩航拍机 李民浩帅气女主角争艳 稍有受伤能获赔上亿 窦靖童终于唱王菲的歌 男友锦荣隔空表示不错 废墟
阎肃主要文艺作品 女一号和剧情曝光 为了孩子从温柔变严苛 AKIRA 日本最美变性人爆红丰乳肥臀清纯甜美被叹 蹲地喝疙瘩汤(图) 制服诱惑 漫画英雄 邦女郎杰玛-阿特登喜嫁替身演员 网友再将小李乱入(图) 贵价女大腕无新作前景堪忧(组图) 2016江苏卫视跨年演唱会今晚“踏星而来全阵容公布 与冯绍峰决“胜负